FMトランス ミッター/その他
June/10/2017 更新
前のぺージへ戻る(オリジナル基板、ユニット等)
トップページへ戻る
 受注生産となります。
 お問い合わせください。
お問い合わせは、radiotechnica@dance.ocn.ne.jp にお願いします。 
なお、無記名およびフリーのメールアドレスでのお問い合わせにはお答えできません。

ワイドFM受信用 ワイドFM受信用 
 

FIELD INTENSITY METER 今回入手したもの ANRITSUに比べ受信音質が良い
KNSのFull Coverage 76MHz-95MHz
基板は今回入れ替えました。

基板上のIC3にすべての電源を任せました。

ACアダプタの電圧は、7.5Vに設定

オシロの波形はTBSを受信中

TX1415 RCA_MPX入力切り替えタイプ
DSPXmini FM SE等に接続可能

TX1415 MPX入力改
VP-7637A等に接続可能


COMPOSITE(MPX)
入力タイプの試作例
写真は
FM audio processor DSPXtra-FM
に接続中

COMPOSITE(MPX)
input Z=600Ω
100%変調@3.5VP-P
周波数特性
20Hz〜15KHzに於いて
±0.2dB以内

VP-7635A 接続時
S/N Lch:79.5dB
    Rch:79.5dB
1Uラックマウント(TX1415/TX1416用)
価格 \19,440

TX1415Bal_in_1U
1U アルミパネル 4mm厚
 TX1415Bal_in_1U 価格\127,440
 +4dBm:Bal入力+15KHz_LPF+LEDレベル表示
+MPX_LPF
-60dB以下@19KHz

LED表示:変調度(プリエンファシス特性(50uS))
Bar表示からDot表示に変更しました。
→の写真はBar表示のもの。
消費電流:12V/450mA→12V/320mA
-20dB:RCA入力への変更も可能

-3dB周波数:30Hz〜15KHz

価格 \102,600

ステレオ100%変調時(Lchのみ 1KHz)↓
45%+45%+10%


NEW Bal_in_03.PCB
LPF部の特性

Lch:→↑

Rch:→↓

当方の出荷前検査の方法について
TX側
CD:CD-500B(TASCAM)- AES/EBU
-P2 t.c.electronic-AES/EBU
-DAC-1000(ONKYO)
-L/R UNBAL
-TX1415 or TX1416
-ADA DA-6 DRAWMER
-DSPXmini- FM SE
-TX1415 RCA_MPX

P2 LEVEL PILOT(t.c.electronic)
Ver2.35にUpdated

RX側
TUNER:KT-1100D(KENWOOD)
-AMP:1705(BOSE)
-SP:FE103En(FOSTEX)

FPGA FM Stereo Tuner
デジタル接続時は
- BMC-2 t.c.electronic -TOS-OUT
-AT-HDSL1(audio-technica)-同軸
-レベルメーター:Ariane Sequel
(TransLanTech Sound, LLC)
-MS20

放送波受信時は
FPGA FM Stereo Tuner
-S/PDIF--AT-HDSL1(audio-technica)-同軸
-75Ω-110Ω変換-AES/EBU入力
-レベルメーター:Ariane Sequel
(TransLanTech Sound, LLC)
-AES/EBU出力-110Ω-75Ω変換
--MS40使用

お知らせ
Fantasyさんのページよりこられる場合がありますが、2003年当時の価格であり,現在は異なっております。
また、Fantasyさんとのお取引はありません。


◎実験用ミニミニFMステレオトランスミッター
(BH1415F 使用)(ATTINY2313で制御)

TX1415型 出力バッファ(-20dBm〜+3dBmまで可変可能)、LPF付き

TX1415型 出力バッファ(-10dBm〜+10dBmまで可変可能)、LPF付き

TX1415型 出力バッファ(-6dBm〜+14dBmまで可変可能)、LPF付き
RF出力(TMP - BNC-J)同軸ケーブル_タイプのみ

スプリアス-60dBc以下
LPF変更しました。(Sep./02/2012)

  TX1415 操作・応用 手引き書 (TX1415.pdf  988KB )
   50Ω仕様/75Ω仕様(出力は少し下がります) 作製可能

2連VR仕様


TX1415L:76.1MHz〜80.0MHz間の3.0MHz幅 100KHzステップ
TX1415M:80.0MHz〜85.0MHz間の3.0MHz幅 100KHzステップ
TX1415H:85.0MHz〜89.9MHz間の3.0MHz幅 100KHzステップ
センター周波数をご指定ください。
センター周波数で調整後の納品となります。
TX1415LL,TX1415HH お問い合わせください。
電源電圧
電池側     DC6.0V±0.5V(接続コードオプション)
DCジャック側  (センター プラス) DC9V〜DC15V
2.17mmφ(内径) 外形5.5mmφ DCプラグが適合

消費電流 DC9V時 約35mA〜39mA
オプションでACアダプタもあります。

RF出力 ワイヤーアンテナ(標準タイプ)、または
ケース組み込み時のワイヤーアンテナ(オプション)か
(TMP - BNCJ)同軸ケーブル(オプション)のどちらか
PLL周波数確認用PC画面
電源ON時及びUP/DOWN操作時にデータ転送
PCからのUP/DOWNも可能になりました。
また PC接続中は若干S/N悪化します。
(接続コードオプションRS-232用)

通常使用時に
PCは必要ありません。
すべての操作は、3個の
プッシュSWで行えます。

L/R RCA入力
入力レベル調整 半固定VR(標準仕様)
オプションとしてつまみ付き半固定VRまたは2連 VRに変更出来ます。
別途料金がかかります。発注時に指定してください。

MONO専用仕様もあります。

ACアダプタとの組み合わせで使用する場合は
ケースに組み込まなくても使用は可能です。

ケース加工、組み込みには、別途料金がかかります。
ケース組み込み時のワイヤーアンテナは専用タイプとしました。
別途アンテナ代金がかかります。


部品の製造中止により
電源_SW
Power_調整_VR
が変更になります。

高域側の周波数特性は、CDからの入力に於いてパイロット信号への
影響を抑えるようあえて抑えてあります。
また低域側はプラケース組み込み時の電源ノイズ(50Hz or 60Hz)の
影響を抑えるようあえて抑えてあります。
さらに低域特性を伸ばした場合は、PLLがロックするまでの時間が
かなり長くなります。

ご使用の条件によっては仕様の変更が可能です。
ご相談ください。


基板上の空心コイルは、高調波スプリアスを低減するために
ピッチ等を調整をしてあります。
不用意にさわった場合、特に2倍波のレベルが10dB以上
悪くなる可能性があります。
ご注意ください


使用部品の変更により特性データ の変更がございます。
S/N   (1000Hz)100%ステレオ変調時 73dB
参考 (1000Hz)100%モノラル変調時 76dB
(MONO専用仕様は注文時ご指定ください)
ひずみ率 100%変調時 0.1%以下 100Hz〜10KHz 標準値:0.05%@1000Hz
セパレーション 40dB以上:100Hz〜10KHz 
周波数特性  50us特性に対して-3dB以内 50Hz〜12KHz
測定系(MS616B、RDA-203、HSD-508、MAK-6581)

受注生産となります。お問い合わせください。
価格(標準仕様) \20,304
1台ごとに測定データを添付いたします。



7segLED表示用シリアル出力 及び LCD表示用シリアル出力の機能が入っております。
------------------------------------------

TX1415 操作・応用 手引き書
 TX1415.pdf  988KB )
------------------------------------------
◎2連VR仕様及びプラスチックケース(LM-140G TAKACHI)への組み込み例  単三電 池4本用

ケース組み込み用ワイヤーアンテナ
ケース組み込み用ワイヤーアンテナ
の組み込み例
ACアダプタ 9V/300mA
TMP-BNC_J
コネクタとケーブルが変更になります。
1415_MONO仕様 無変調時 

1415_MONO仕様 100%変調時@15KHzMOD →↓

FMチューナーを使用した実験:
(Separation)の調整ができます。
TX1415及びTX1416


±170.7KHzレンジ S/N:78.5dB,DIST:1.0%,Separation:-58.5dB
±139.6KHzレンジ S/N:76.5dB,DIST:0.04%,Separation:-58.5dB
±76.3KHzレンジ S/N:73.5dB,DIST:0.04%,Separation:-58.5dB
アナログ接続にて測定

デジタル接続時は
S/PDIF--AT-HDSL1(audio-technica)-75Ω-
P2 LEVEL PILOT(t.c.electronic)--LA-40MKU(TASCAM)
を使用
FPGA (Field Programmable Gate Array) による
デジタル方式 FMステレオ・チューナ
http://homepage3.nifty.com/RadioGaGa/FM/
実 験用ミニミニFMステレオトランスミッター(BH1416F 使用)
TX1416型 出力バッファ(-20dBm〜+3dBmまで可変可能))、LPF付き

TX1416型 出力バッファ(-10dBm〜+10dBmまで可変可能))、LPF付き

TX1416型 出力バッファ(-6dBm〜+14dBmまで可変可能)、LPF付き
RF出力(TMP - BNC-J)同軸ケーブル_タイプのみ

スプリアス-60dBc以下
LPF変更しました。(Sep./02/2012)

50Ω仕様/75Ω仕様(出力は少し下がります) 作製可能
TX1416L:76.8MHz〜78.0MHz 間の7ch  DIP_SWにて設定 (200KHzステップ)
TX1416H:88.0MHz〜89.2MHz 間の7ch  DIP_SWにて設定 (200KHzステップ)

電源電圧

電池側     DC6.0V±0.5V(接続コードオプション)
DCジャック側  (センター プラス) DC9V〜DC15V
2.17mmφ(内径) 外形5.5mmφ DCプラグが適合
消費電流 DC9V時 約33〜39mA

RF出力 ワイヤーアンテナ(標準タイプ)、または
      ケース組み込み時のワイヤーアンテナ(オプション)か
      (TMP - BNCJ)同軸ケーブル(オプション)のどちらか

L/R RCA入力
入力レベル調整 半固定VR(標準仕様)
オプションとしてつまみ付き半固定VRまたは2連 VRに変更出来ます。
別途料金がかかります。発注時に指定してください。

ACアダプタとの組み合わせで使用する場合は
ケースに組み込まなくても使用は可能です。

ケース加工、組み込みには、別途料金がかかります。
ケース組み込み時のワイヤーアンテナは専用タイプとしました。
別途アンテナ代金がかかります。


高域側の周波数特性は、CDからの入力に於いてパイロット信号への
影響を抑えるようあえて抑えてあります。
また低域側はプラケース組み込み時の電源ノイズ(50Hz or 60Hz)の
影響を抑えるようあえて抑えてあります。
さらに低域特性を伸ばした場合は、PLLがロックするまでの時間が
かなり長くなります。

ご使用の条件によっては仕様の変更が可能です。
ご相談ください。


基板上の空心コイルは、高調波スプリアスを低減するために
ピッチ等を調整をしてあります。
不用意にさわった場合、特に2倍波のレベルが10dB以上
悪くなる可能性があります。
ご注意ください


使用部品の変更により特性データ の変更がございます。
S/N        (1000Hz)100%変調時 73dB
ひずみ率  100%変調時 0.1%以下 100Hz〜10KHz 標準値:0.05%@1000Hz
セパレーション 40dB以上:100Hz〜10KHz 
周波数特性  50us特性に対して-3dB以内 50Hz〜12KHz
測定系(MS616B、RDA-203、HSD-508、MAK-6581)

受注生産となります。お問い合わせください。
価格(標準仕様) \14,580
1台ごとに測定データを添付いたします。



部品の製造中止により
DIP_SW
電源_SW
Power_調整_VR
が変更になります。
スプリアス特性
高調波スプリアス特性
シールドの追加例 →↑

ステレ オ無変調時(パイロット10%)→

ステレオ100%変調時(Lchのみ
 1KHz)→↓
45%+45%+10%

↓19KHzパイロットの波形
L1のダンプ抵抗を取ればもう少しきれいになりますが
パイロット変調度が15%程度になります。


◎ミニミニFMステレオトランスミッター
radiotechnicaオリジナルTX4 型 (国内仕様) TX5型 (海外仕様)
ミニTX4A:84.20MHz〜85.0MHz 間の10ch  DIP_SWにて設定 (84.2MHz標準設定) 
ミニTX4B:77.17MHz〜77.95MHz間の10ch  DIP_SWにて設定 (77.5MHz標準設定)
ミニTX4C:77.62MHz〜78.4MHz間の10ch  DIP_SWにて設定 (78.4MHz標準設定)
ミニTX4D:76.1MHz〜76.7MHz間の10ch  DIP_SWにて設定 (76.7MHz標準設定)
ミニTX5A:91.35MHz〜92.1MHz間の10ch  DIP_SWにて設定 (92.1MHz標準設定)
PLL水晶の変更により他の周波数への変更可能
同軸ケーブル出力仕様も可能 ただしワイヤーアンテナとの併用不可

S/N    100%変調時 66dB
ひずみ率 100%変調時 0.3%
セパレーション 30dB以上 50Hz〜10KHz
          40dB以上 200Hz〜4KHz
          実力:50dB以上400Hz〜2KHz
測定系(MS616B、RDA-203、HSD-508、MAK-6581)

電源電圧は最大5.0V まで可能ですが、(出力+6dB UP)
出力レベル等が微弱の範囲を超えるおそれがありますのでご注意ください。
また消費電流も15mA程度に増加します。

基板の在庫が無くなりましたので、生産終了となりました。有難うございまし た。

同軸ケーブル出力仕様及びRCAジャック仕様は別料金

標準仕様 オプション 音声SW基板
(無音時約15秒で電源off)
前のぺージへ戻る(中古業務無線機器等)
トップページへ戻る
お問い合わせは radiotechnica@dance.ocn.ne.jp まで。 
レディオ・テクニカ
東京都狛江市
Copyright (c) 2017 Radio Technica Inc,
All rights reserved.